クルクル燃やせ!!

まったりサイクリング日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中野浩一とゴミ拾いに行ってきました

土日で2007 Mt.FUJIエコ・サイクリングに参加してきた。
別にエコロジーに興味がある訳ではなく、単純に前から富士山一周はしとかないとまずいなと思ってたからである。

土曜日のスケジュールは翌日の受付と、富士山クラブ主宰の富士山クリーンアップ実践活動ということで富士山麓にバスで行き、道路脇に捨てられたゴミを拾ってきた。

ちょっと遅れて到着したので事前説明会(どのゴミ袋に何のゴミを入れるかの説明)は終盤だったが、こっそり第1陣に参加。
長距離ライドイベント常連の鶴見辰吾さんもめっちゃ目の前にいてラッキー♪と思いつつ、バスに乗り込んだ。

とある場所(どこかは不明)に連れていかれゴミ袋と軍手を渡されてスタート。
序盤はタバコの吸殻とかをたまに見かけるぐらいで(こりゃ企画失敗か!?)とナメてかかっていたが、道を進むにつれて余計な心配だったことがわかった。
ちょっと森の中に入ると、あるはあるはゴミだらけ!!
空き缶、ペットボトル、雑誌等のザコキャラから、浴槽、(昭和の足踏み)ミシン、タイヤ、ペンキ缶×いっぱい、洗濯機等のボスキャラまで、約1時間の作業でトラック1台分+α(積みきれなかった)のゴミを回収することができた。

富士山のゴミ

作業中は基本的に鶴見辰吾さんの周りをうろちょろして会話をしていた。自転車をやっているからであろうか、あの年齢で(失礼^^;)スラリとした体型はさすが俳優である!

途中、ヤクザ風のおっちゃんがエロDVDを拾って「これは何ゴミやろ。『萌えるゴミ』だな」と言って場を沸かしていたが、彼こそが後のトークショーで知ることとなる世界の中野浩一である。
知ってたらもっと話しておくんだったのになぁ。。。

清掃活動後は、トークショーが開催され、活動で一緒だった鶴見辰吾、中野浩一をはじめ、日本人で唯一ツール・ド・フランスを走った今中大介、富士山麓で自然生活を行っている清水國明、現内閣官房副長官の岩城光英などの錚々たる顔ぶれ!

トークは清水國明が終始面白く、富士山は甲斐(山梨)から見るより、駿河(静岡)から見た方が形が良いという意の「かいでみるよりするがよい」という下ネタが印象的だった。

トークショー
↑中央で存在感ありまくりのヤクザっぽいお方が中野浩一。実に親しみの持てる方でした♪

夜は前日夜中に予約した(しかも楽天トラベル側のミスで予約が入ってなかった)白糸苑に泊まった。
民宿なので壁は薄いものの、食事はなかなかのもので、満足して21時に眠りについた。(早すぎて1時に目が覚めたが)
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

Bike | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2007 Mt.FUJI エコ・サイクリング | HOME | 檜原村>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。