クルクル燃やせ!!

まったりサイクリング日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

松本~糸魚川(詳細版)

夏休みの最後に初の100Km超えに挑戦してきた。

ルートは単純に学生の時に常念岳に登る前日に安曇野周辺をレンタサイクルで走った時の風景をもう一度見たいと思い、そこからちょうど100Kmだと日本海に出られちゃうことに気付き、決めた。

【コース概要】
松本駅~国道19号~国道306号~信濃大町~国道148号~ひたすら北上~糸魚川

【振り返り】
<前日>
行く判断をしたのは前日夕方だったので、急いで準備して夜22:00過ぎに出発。1:00頃松本駅着。初のツーリングの緊張と車の暑さで全然寝られず。
このままではまずいと思い、ファミレスで1時間の仮眠を取る。

<松本駅~信濃大町>
どれぐらいかかるか分からなかったのと、涼しいうちに距離を稼ぎたかったので、朝5時過ぎに出発。
国道19号を北上するルートは犀川と常念岳の眺めが素晴らしい。
光橋で左折。急な下りになっており、50Km以上でかっ飛ばせる。
長野自動車道をくぐりすぐに右折。常念岳が真正面に見えるいいルートだ。
jonen


国道306号に乗り、しばらくした所にある「道の駅 安曇野松川」で小休止。
ここらへんは一直線の気持ちいい道だ。
2


<信濃大町~木崎湖~青木湖~白馬>
信濃木崎駅の手前で、線路を右手に見て気持ちいい農道を走る。
4

木崎湖トンネルであやうく恐れていたトンネルに入りそうになったので、引き返し、木崎湖方面へ左折した。木陰なので、涼しい道だ。
しばらく進むと青木湖。奥に見えるは五竜岳か。
aoki

また、白馬駅をちょっと越えたあたりで白馬岳が見えてくる。
6


<白馬~姫川第三ダム付近>
途中から姫川が足元にみえるが水がめちゃくちゃ綺麗。
中土駅あたりでトンネルに入りかけたが、またしても回避。
それが功を奏し、通る車がなくすばらしい川沿いの道。
7


<姫川第三ダム付近~新潟県境>
第三ダム手前のトンネルに入る手前で回避しようと左折したが、山を登り始めて迷いそうになり、工事作業をしている人に聞くと、トンネルを通るしかないとのこと。
仕方なくトンネルに入るが結構明るく、自転車用通路もあり、「なんでこんなに怖がってたんやろ」と後悔。
外沢トンネルに入るとやけに通路が狭い。だぶん1mもなかったと思う。しかも暗いし、反射板の回転する羽が鋭く左に寄りすぎると手を切りそうだ。
更にトラップとして、50mおきに壁に空いた穴から泥水が出ており、その直後に排水溝が金属製のため、かなり滑りそうだ。(しかも外れかけてるものもあり、段差になっている)
ここで道側に立ちゴケしたら車に轢かれて確実に死ぬな」と久しぶりに死の恐怖を味わった。
ちょっと油断してスピードを上げたその時!!
これまでにない分厚い泥の塊があり、焦ってブレーキを掛けたが、スリップ&転倒!!
幸いビンディングが両足とも外れてて、壁側に倒れたので、後続車が来る前に慌てて通路に這い上がった。そこからは怖すぎるので、歩いてトンネルを抜けた。

その先の2つのトンネルは楽チンで、県境の標識が見えた時、「あともうちょいだ」とほっとした。
8


<大所トンネル~糸魚川>
大所トンネルも暗い狭い道だったので、3Kmと長いトンネルだが歩いて通過していた。
「糞長いトンネルや…何時に着くんやろか…」としょげていたとき、追い抜く車から振り返り、大きな声で「頑張れ~~~」って応援をしてくれた人がいた!!
すごい勇気が湧いて、泥もないのでサドルにまたがり、ペダルを踏み始める。
しかし、暗く狭い。
転んだ恐怖から自然とブレーキに手が掛かる。
速度が落ちると車体が安定しない。
安定させようと自然と体が堅くなる。
堅くなると余計にハンドルがぶれる。
リラックスしようと、無意識に先日買ったマイケルの曲を口ずさむ。
出口の明かりが見えてきたとき、ようやく恐怖から開放された。

その後もトンネルがあったが、「よく考えたら車の邪魔かもしれないが車道を走ろう」と思い、水を得た魚のように下りで車と併走するぐらい飛ばしまくる。
赤石平トンネルを抜けると、これまで足元に見えていた姫川沿いに走ることになる。
ひたすらゴールに向けてペダルを回しまくり、12:00過ぎに日本海到着。
9


<帰り>
糸魚川駅前のコンビニで電車の時間を調べると、15:04まで電車がない。しかも到着は18:00過ぎ…。出発まで3時間近くある。駅前で食事を取り、転んで泥まみれの体を洗おうとするも、店がなぜか開いてないので、仕方なくおにぎり1個だけ食った。
駅前で電車を待っていると、地元のおやっさんが話しかけてきてくれて、いい時間をつぶせた。
彼も今日走った道を昔何度か走ったらしいが、曰く、
・逆コースは登りがキツいのでやめとけ。
・夜もトラックが飛ばしまくるので死にたくなかったらやめとけ。
だそうだ。

15時になり、大糸線に乗車。正面には時刻表を片手にもった鉄道マニア、右隣にはカセットテープを片手に電車の音を録音している鉄道マニア。どうやら鉄道マニアにはたまらない路線らしい。
白馬岳を越えて祖母谷までピストンしてきた山ヤのおっちゃんと談笑しつつ、2回乗り継いで18時過ぎにようやく松本駅に到着し、車で東京へ向かった。

相変わらず小仏トンネルでは25Kmの渋滞にハマリ、これが今日一番疲れた。MJを熱唱しても効かない程の猛烈な睡魔と戦いつつ、23時過ぎに自宅到着。


<学んだこと>
  • 細いトンネルは車道を全力ダッシュすべし
    (併走すれば相手は止まってみえる!)
  • 300円のテールランプではなく、ちゃんとしたものを買うべし
    (心理的に安心できる)
  • 水と栄養を定期的に摂れば100Kmは余裕だ
    (実際60Kmあたりから全然しんどくなくなってきた)
    【8/6のちゃり】
    走行時間 5:38
    走行距離 115.1 Km
    平均速度 20.7 Km/h
    最高速度 55.9 Km/h
    Best Lap -
    平均/最大心拍数 144/184
    燃焼カロリー 3592 Kcal
    平均ケイデンス -
    最高ケイデンス -
    スポンサーサイト

    テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  • Bike | コメント:2 | トラックバック:0 |
    <<北斗ミュージアム | HOME | 新宿 鼎 三十五周年>>

    この記事のコメント

    おいおい、すげーなぁ。
    高校時代より体力ついてるんじゃないの(^^;?
    ワタクシは数キロ先の近所へ行くのも「軽トラ」ですわ。
    なまりすぎ…。やばしびっち。
    ※「公栄建設」改め「コウエイ」です、よろしく。
    2006-08-08 Tue 21:46 | URL | コウエイ #Juzbe2Ns[ 編集]
    いやぁ、今回のコースは実はほとんどが平地か下りだったので体力的には大したことないんだよ。
    ただ、チキンな俺は初のトンネルだけは怖かった…
    2006-08-13 Sun 21:11 | URL | N #-[ 編集]

    コメントの投稿















    コメント非公開の場合はチェック

    この記事のトラックバック

    | HOME |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。