クルクル燃やせ!!

まったりサイクリング日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

佐渡ロングライド210(当日)

前日0時に寝たにもかかわらず、奇跡的に4時前に起きることができた。

速攻で朝飯を食べ、会場に着いたのが4時半頃。5時半に集合なので余裕かまして、煙草を吸い溜めしてたら(何本吸ったか記憶にない)、前輪の空気を入れてる途中でいつの間にか集合時間になっていて焦った。
後輪はほっといてとりあえず、スタート地点に並んだが、一向に出走する気配がない。
CA370061.jpg

それもそのはず、6時に出走なので30分もここで待つのだ。
でもそのおかげで、携帯ポンプで後輪の空気を入れ(スタート前からパンクしたみたいで格好悪い)、既に腹が減ったのでカロリーメイトを食べて準備を整えることができた。

待ちくたびれて、トイレ(大)に行きたくなってきた頃、ようやく出発。かなり省略するが、Z坂までは大した向かい風もなく順調に進む。
さて苦手の登り坂である。沖縄の反省から、極力膝に負担をかけないよう、インナーローでマイペースで登る。前述の4つの坂の他に、後半に最大傾斜15%の激坂があるから膝を壊しては完走は無理だろう。
激遅ペースだが思った程長い登りではなかったので頂上で余裕をかましてパシャリ。
CA370063.jpg

次の大野亀坂も景色に見とれているうちに登りきっていた。

12:30に足切りされる平沢AS(100Km地点)には11:20頃通過。
そこから南下し、さらに西の端手前の小木AS(162Km地点)には14:20分頃到着。ここのエードステーションではマッサージをやっていたが、すごい並んでいたので見送ることにした。

時折晴れ間が見えはじめ、景色を眺めつつ西端をぐるっと周りきった辺りで遂に15%の激坂が現れる。後半にきてこの坂はさすがにキツく、歩いている人も結構いて何度か誘惑に駆られたが、「足を着いたら(自分に)負け!」と言い聞かせ、泣きそうになりながらも遂に登りきった。ちなみにその遅いことといったら歩いている人より気持ち早いぐらいである。

登りきってすぐにある第二の足きりポイント、素浜ASに到着すると「タイムオーバーまであと5分です!16時までにここを出発してください!!」というアナウンスが。鬼である。タコ飯をかっ込んで、慌てて出発した。マッサージ受けている場合じゃなかった。

素浜坂(一番長い坂)は15%に比べると大したことはないが、何しろ距離が長い。でも膝も調子いいし、あとは18時までにゴールすればいいので、もう余裕である。

国道坂も何なく通過し、あとは下り&平地のみ。地元の人達の応援を受け、ラストスパートをかける。スタートしたのが遥か昔のことのように思える。年甲斐もなく自然と涙が出てきた。

17:30過ぎにゴール。本当は全力疾走でゴールしたかったが、前が詰まっていたので断念した。
完走証を貰う列で鶴見辰吾さんが目の前に並んでいたので、写真を撮らせてもらった。
CA370070.jpg


車で宿に帰る途中、強烈な眠気に襲われ何度か対向車線を走ってしまいヒヤっとしたので、残り5Km程だったが仮眠を取ることにした。

宿に着くと雨で体が冷えまくってたのでまず風呂に入り、飯を食いに食堂に入ると、同席した方達に日本酒を湯のみ2杯ほど頂いた。
前日風呂場で話した人達も交え、今日のコースや自転車を始めたきっかけ等で盛り上がり、またどこかで会うこと誓って21時過ぎに解散した。

【今回の実走ルート】

(「大きな地図で見る」と、標高や通過時間まで見られる。また、縮尺を小さくすると、自分が立ちションした動きまで捉えているのがわかる。GPS恐るべし!)

【思ったこと】
  • 至る所で沿道から応援をいただいた。特におばあちゃんが縁側から応援してくれている姿は泣ける。やはり佐渡の人はすばらしい。
  • それとは対照的に、道路を封鎖していないにも関わらず、車が後ろから来ても道のド真ん中をずっと走っている輩が結構いて、情けなかった。
  • ASでの補給食はそばやタコ飯が旨かった。ただ、寒かったので欲を言えば豚汁が食べたかった。(ゴール後、速攻モツ煮込を食べたが)
  • 雨で靴の中がびしょ濡れになり、マメができそうだったので、レインシューズカバーは買っておけばよかった。
  • GPSのルート案内は(トンネル以外)完璧だった。ASまでどれぐらいか一目でわかるので、心理的にすごい安心だった。結構な雨の中だったが、全く問題なかった。
    スポンサーサイト

    テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  • Bike | コメント:3 | トラックバック:0 |

    佐渡ロングライド210(前日)

    朝目覚めると、非常によい天気だった。このままずっと晴れて欲しいところだが、残念ながら今日午後から雨になるらしい。
    とりあえずコースを下見するために両津港でレンタカーを借り、北へ向かった。

    今回のルートは4つの坂があり、
    (1)Z坂(高低差130m、最大傾斜11%)
    (2)大野亀坂(高低差100m、最大傾斜10%)
    (3)素浜坂(高低差140m、最大傾斜7%、長い登り)
    (4)国道坂(高低差100m、最大傾斜7%)
    そのうち(1)と(2)を見に行った。

    海岸線に出ると雲行きが怪しくなった。途中アップダウンがあったが、大したことなさそうだ。それより、海沿いなのでツールド沖縄の時のように向かい風だったら嫌だなぁと考えているうちに昼前にZ坂に到着。
    CA370053.jpg

    傾斜は大したことないので、ゆっくり登れば大丈夫そうだとちょっと安心。
    そこから大きく下って、大野亀付近に到着。
    CA370054.jpg

    ここの登りも驚く程ではなかった。写真はいまいちだが、大野亀は近くで見ると、エアーズロックのような迫力があり、晴れたら最高の景色だろう。

    目的は達成したので、会場に向かい受付を済ませた。
    記念品は米とか塩は自炊してないので、あまり嬉しくなかったが、トキをデザインしたTシャツは、明日雨で寒そうなのでかなり嬉しかった。

    抽選会をやる17:00まで時間が余りまくったので、まずSCOTTのブースに行き、最軽量のADDICTに試乗した。コンポやホイールは高級品で組んでないので、いまいち凄さがわからなかったが、剛性感の凄さは感じることができた。
    CA370055.jpg

    次に無料でマッサージやストレッチをしてくれるコーナーがあったので、女性のマッサーを狙ってストレッチをしてもらった。薄々は感じていたが、自分の非常に体が硬い点を指摘され、ちょっぴり恥ずかしかった。また肩の凝りも尋常でないらしく、自分だけ特別に椅子に座らされて、体重をかけて揉んでもらった。ん~、最高♪
    明日は完走できそうな気がしてきた。

    17:00の前夜祭では、BMXのデモや、佐渡市長等の挨拶の後、待望の抽選会が始まった。自転車のフレームやハワイ往復チケットなどの豪華商品があったが、残念ながら靴下さえ当たらなかった;;

    宿に戻り、明日の最終準備をする。
    シャリバテ防止のためにどこかの雑誌で読んだ、「PowerGEL10個」を水に溶かしたドリンクで今回臨むことに決めていたのだ。↓
    CA370060.jpg

    ASで補給食が出るというのに、明らかにカロリーover doseな気もしたが、バテてしまっては元もこうもない。

    ちなみに非常にどうでもいいが写真に写っているよっちゃんいかは最高である。自分はこれだけでビール2缶はいける。遠足のおやつには勿体無いと思う。

    さて、準備も完了し21時に布団に入ったが、全然寝られない。
    明日完走できるかという心配と、そもそもいつも2時ぐらいに寝ているので21時に寝るなんて無理!
    0時を過ぎて「やべ~4時間しか寝られない!」と焦っているうちにようやく眠りについた。

    テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

    Bike | コメント:0 | トラックバック:0 |

    佐渡ロングライド210(移動日)

    前日は出発の準備を何もしていないのに終電まで仕事をしていたので、結局寝たのはAM3:00。8:00に起きられる自信は全くなかったが、人間こういう時はちゃんと起きられるものである!
    ガラ空きの新幹線に乗り、新潟からボーイング社製のジェットフォイルという高速船(時速80Km出るらしい)に乗り、あっさり14時過ぎに佐渡の両津港に到着。
    CA370039.jpg

    その後、両津港からほど近い金沢屋旅館(※)に迷わず到着。
    実はここは100余年の歴史を誇る旅館で、非常~にレトロであるが、おばあちゃんちに帰ったような懐かしさを感じるいい旅館だ。廊下にも佐渡の美術品が飾ってあり、実に洒落ている。
    CA370041.jpg

    さて、天気予報では、明日以降は雨。本番当日の降水確率は80%なので、『晴れた佐渡を走れるのは今日だけ!』と思い、ちょっとだけ明後日のコースを試走することにした。
    コースは旅館から東に向かい弁天崎までの往復30Kmを走ることにした。途中ちょっとした登りがあり、普段平地しか走らないので、心拍数上がりまくりだったが、逆に明後日以降のペース配分の目安になった気がした。
    道中、やけにカモメがうるさい場所があり、ふと海側を見るとなんとカモメの集団!写真の白いのは全てカモメとその糞である。正直、長く見ていると気持ち悪くなってきた。
    CA370047.jpg

    宿に帰り、夕食に呼ばれてちょっとびっくり。なんと宿泊客は自分しかいない!
    確かにジェットフォイルに乗ってても自転車持ってる人、俺だけだったしなぁ…
    ちょっぴり寂かったが料理は魚介類中心で非常に満足。一人だったおかげで、紅ズワイガニもまるごと出してくれたし。
    入浴後、明後日は何かの手違いで晴れてくれないかな…と天気予報を何度も見ながら22時頃就寝。

    ※リンク先の「お客様の声」は実に興味深い。
    (1)外人客のコメントに対する宿側の回答は本当にあの女将さんが書いたのか?とても英語ができそうに見えなかったが。
    (2)苦情を表示してみると「ひどすぎる」だけのコメントにも回答している寛大さ。しかし、「お客様のお住まいの近く」って何でわかったんだろう…

    テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

    Bike | コメント:0 | トラックバック:0 |

    GPSをRAMマウントで自転車に取り付けた

    GPS(GARMIN eTrex Legend Cx)を自転車に取り付けるためにRAMマウントを購入した訳だが、いざ取り付けようとしたところ、Uボルトの幅が狭く、ハンドルの細い部分しか無理なことが判明し、すごく焦った。たしかに商品解説ページに

    『取り付けパイプの径は16mmから26mmです。26mm以上のパイプには取り付けられません。』

    とちゃんと書かれていたし。。
    ちゃんと読めよ俺_| ̄|○

    見ため的に左右のバランス的にどうしても中心に(=ステム)に取り付けたかったので、こんな時間でも確実に売っている店を5分程考え、一休さんのごとく閃いた。

    ステムの幅(31mm)を測り、慌てて(でもなぜかGPSを手に持って)チャリで閉店間際の近所のホームセンターに駆け込んだところ、32mm幅のUボルト(200円程度)を発見。
    CA370033.jpg

    ここまで理想に近いものが置いてあるとはッ!くろがねやに感謝感激♪

    そして更に衝撃吸収&滑り止め&幅の微調整のために2mm幅のシールタイプ・クッションゴム(100円程度)↓もあわせて購入した。

    CA370034.jpg


    クッションゴムを適当な幅に切り、ステムにぐるっと巻きつけ、ちょっとドキドキしながら取り付けてみると、実にガッチリ取り付けられた。試しにパンチしてみたが、ビクともしない!!我ながらチープで完璧なる工作に感動した。
    CA370037.jpg


    明日はマップソースで佐渡一周のコースを作ってGPSに転送することにトライするべし!
    なんか物(GPS)の準備ばっかしてて、体の準備が全然できてない気がするが、いまさら慌てたって大して変わらないだろうから、気にしないことにした。

    テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

    GPS | コメント:3 | トラックバック:0 |

    GPS!GPS!

    来週末の佐渡ロングライド210に向けて準備をしていくうちに、前から気になってた自転車乗り(必須!?)アイテム「ハンディGPS」が無性に欲しくなり、数日前から調べていた。

    GPSといえば一昔前に雑誌で見たこんな感じ↓のイメージでいたが、
    Gamin_org

    今はかなり進化してこんな感じ↓になっているらしい。
    garminsample.jpg


    更に見た目だけじゃなく、
    ・オートルート機能
    ・1/25000の日本地図(別売)
    ・目的地/周辺施設検索
    等の機能も充実しており、まさにカーナビである!
    大きさもちょっと分厚い携帯って感じで、興奮してつい買ってしまった(*´д`*)

    買ったのはGARMIN eTrex Legend Cxという機種で、魅力的だったのは:
    ・MicroSDに地図やGPSログを記録できる
    ・カラー表示だがバッテリーは単3・2本で35時間ぐらいもつ
    ・防水性(普通の雨ぐらいなら全然OKらしい)
    GARMIN(ガーミン) eTrex Legend Cx (イートレック レジェンド Cx)日本版 44008 GARMIN(ガーミン) eTrex Legend Cx (イートレック レジェンド Cx)日本版 44008
    ()
    GARMIN(ガーミン)
    この商品の詳細を見る


    更に使いこなすには日本の詳細地図(マップソース日本道路地図(シティーナビゲーター) )
    GARMIN(ガーミン) マップソース日本道路地図(シティーナビゲーター) 1067100 GARMIN(ガーミン) マップソース日本道路地図(シティーナビゲーター) 1067100
    ()
    GARMIN(ガーミン)
    この商品の詳細を見る

    と自転車に取り付けるためのRAMマウント↓とやらが必要とのことでセットで購入した。
    img24251061.jpg


    ちなみにマップソースは、道に沿ってルート作成ができるものは限られているので注意が必要です!!(用途次第だけど)
    たぶんシティナビゲータとシティセレクト(もう売ってない!?)だけ。

    注文してから1.5日で今日届いた訳だが、夜勤明けでまだ寝てないので、説明書をパラ読みしただけでギブアップ。詳細は別途

    テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

    GPS | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | HOME |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。