クルクル燃やせ!!

まったりサイクリング日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ツールド沖縄2006【2日目以降】

5時に目が覚めると、右膝がむちゃくちゃ痛い。膝が上がらず、起きるのにも一苦労する。
今日のコースは基本的に平坦ぽいが、前半の東海岸側に出るまでの登りが怖くて、ここで無理に走っても膝が取り返しつかないことになりそうなので、あえなくリタイアする旨を連絡する_| ̄|○

と決まったら、レース部門を観にいく程の気合はないので、一気に観光モードに入り、『たびまる沖縄』を片手に、コザ方面に車で向かった。

早めの昼食は、久々にタコスを食いたくなったので人気のタコス店『チャーリー多幸寿』に入った。
店の壁には有名人のサインが貼ってあったが、興味はない。
どの店でもそうだが「うちは有名人もくるぐらいいい店ですよ」的な押し付けがましさを感じて萎えてしまう。
しかしトルティーヤは柔らかくて確かに旨かった。

そういえば膝が痛かったので、ジャスコ北谷店でバンテリンの湿布を買ってトイレで貼った。ひんやりして気持ちいい(*´д`*)

近くに海岸がありそうだったので、向かっていくと海岸のすぐ近くに『ちゅら~ゆ』という温泉を発見!
chura-yu

「これは膝の治療にいいにちげえねえ」と思いつつ、まだ昼過ぎなので夕方にまた戻ってくることにし、とりあえず海岸で昼寝をした(寝過ぎ)。

起きて、次に行くところを考えると、橋で渡れる伊計島にまだ行ったことなかったので、絶景を期待して向かった。
途中の海中道路のある橋はぜひ一度自転車で渡ってみたいコースだと感じた。
20061112_013


何度か橋を渡り、着いた伊計島は畑ばかりののんびりした島だった。
しかし、期待したような見晴らしスポットはなくしょうがないので畑の写真だけ取って、また温泉のある北谷に戻ることにした。

畑


まさか風呂に入るとは思わなかったので、ジャスコで100円のトランクスを購入し(今でも愛用)、ウキウキしながら温泉に入った。
露天風呂は海が見えることを期待していたが、残念!見れず。しかし、アルカリ性のヌルヌルした湯に浸かり、出た頃には膝の痛みは引いていた。

ホテルに戻る途中、万座あたりにあった仲間食堂という店に入った。オフシーズンなので客は家族連れ1組だけだったが、あとで調べてみると結構繁盛しているみたいだ。自分はアーサー汁定食を頼んだ。頼んだ後、アーサーって何ですかと聞くと、どうやら沖縄で採れる海草(あおさ)のことらしい。実際食べてみると、海苔とワカメを足して2で割った感じでめちゃめちゃ旨かった。
次来たときは他のメニューも試してみたい。

翌日は、飛行機の時間まで那覇の国際通りと市場中央通りを土産物を買うためにぶらついた。
市場をぶらついていると、真剣に道に迷った。
悩んだ末、ショッピングカート(※こんなやつ)のキャスターが付いてない方を引こずってるおばあさんに「それ逆ですよ!」と親切したついでに戻る道を尋ねた。

しばらく進んだがどうも怪しい。そういえば携帯にEZナビウォークがあることに気付き、地図を見て唖然…逆じゃん!
まぁ大して進んでなかったので、不思議とおばあさんに怒りは感じなかった。俺の沖縄語の理解が足りなかっただけだと。

さすがAU、ノーミスで国際通りに戻ることができた。
空港では時間が余ったので、またタコスとビールをがぶ飲みし、またまた寝ているうちに東京に戻ってきた。

来年こそは完走したい!
聞いた話によると2日目はつまんないらしいので、自分でコース設定して周ったほうが楽しいとのこと。
それ、やってみますか…

以上
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

Bike | コメント:2 | トラックバック:0 |

ツールド沖縄2006【初日】

朝、目を覚まし時計を見ると6:15。
なんか説明会で集合は6:30までって言ってたような…
やべ~、昨晩コロナ飲み過ぎたか!?と思いつつ、まぁ出走は7時だし何とかなるだろうと、運転しながら朝飯を食って6:45に無事会場に到着した。
前夜の説明で、「ゼッケン番号順に並ぶ」と言っていたが、みんな適当に並んでいたので、ほぼ最後尾に並んだ。

出発


7時過ぎにまったりとスタートする。
実はイベントに参加するのが今回初めてなので実際に見たことがなかったんだが、追い抜いて割り込む際に曲がる方向に手を出すんだが、若干気取った風にやる人のポーズがまさに
がきデカの死刑

がきデカ

のようで何度も吹きそうになった。

大宜味の道の駅を過ぎた辺りから、北風が強くなり、思うように前に進まない。
更にやんばるは前夜の説明会にもあった通り、アップが何度かあり、これまでまともに坂を登ったことがないので、全然進まない。

どれぐらい進まないかと言うと、時速4Kmちょい。
しかも、女の子にも抜かされる驚愕の遅さ。
絶対歩いたほうが早い。
あまりの遅さに「自転車壊れてるんじゃね!?」と何度もチェックするが全く異常はない。
腹も減ってきてパワーが全然出なくて、早くもギブしたくなってきた。

昼食予定の「奥やんばるの里」の手前は長めの下りになっており、ここぞとばかり体重の利を活かしゴボウ抜きし、「奥やんばるの里」に無事到着。

昼食は先着150名にカレーとのことだったが、売り切れだったので豚汁を食った。
たぶん普通に食ったら旨いはずなんだが、疲労からでかめの肉は喉を通らず、同席したYさんと「肉でけぇよ」とぶーぶー文句を言いながら無理やり腹を満たして再スタートした。

奥やんばるの里


ここから南海岸を南下する訳だが、またまた登りがウザい。
思えば登りで抜いた回数は3回程度、抜かされた数は数知れず。
下りで抜かすにも限界があるので、最後の休憩所では(おそらく)最終集団だったと思う。

ラスト20Kmは大した登りはなかったんだが、古傷の右膝が痛み始め、最後の登りだけは歩いてしまった;;

18:00過ぎにようやく1日目のゴールの喜瀬ビーチパレスに到着した。
先に着いたメンバーからお疲れの言葉はあったが、運営の人達はいたのだろうか?拍手も何もなく普通にチェックインした。

とにかくどれぐらい遅かったのか不明だが、1日目は完走できた。



【11/11のちゃり】
走行時間11:08
走行距離189.3 Km
平均速度16.9 Km/h
最高速度60.4 Km/h
Best Lap-
平均/最大心拍数148/194
燃焼カロリー7406 Kcal
平均ケイデンス-
最高ケイデンス-


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

Bike | コメント:4 | トラックバック:0 |

ツールド沖縄2006【前夜】

今日はツールド沖縄-沖縄本島一周走破コース(313Km)への出発日だ。

一昨日は仕事が全然片付かなかったので、会社泊。
そして昨晩も終電で帰宅し、OS-500 トラベルバッグ
に自転車をパッキングするが、全然チャックが閉まらず、苦戦の末
準備が終わったのが2:00過ぎ!
(今寝るとヤバい)と思い、明け方まで我慢して起きて車で空港に向かった。

6:00頃空港に到着して早々と自転車を預け、喫茶店へ。
しかし出発が11:45なので、5時間以上もある。
2時間程コーヒー1杯で頑張ったがさすがに眠いので、出発ゲートの前で寝ることにした。

寝ぼけながらゲートを通り、機内でもずっと寝て、沖縄到着!
ぼーっとしながらレンタカーを借りて、車に乗ったところでようやく目が冴えてきた。

今の時期の沖縄は、日差しがキツイが空気がカラっとしてて、過ごしやすい。現地の車に合わせ、ゆったりペースで喜瀬ビーチのホテルに到着した。

到着後すぐに名護市民会館に向かい登録&説明会に参加した。
一応最後まで聞いていたが、中には途中で退席する人も。
確かに、知っている事の説明が多く、みんな「早く飯食って寝たい!」と思っていたに違いない。

晩飯は沖縄民謡がガンガンかかった名護曲レストランで軽くすませ、23:00に寝た。(続く)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

Bike | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。